トウモロコシ:前年比8%増の9699万エーカーと、12年以来8年ぶりの高水準になると予測。
市場予想(9432万8000エーカー)を上回った。トウモロコシの作付けは、48州のうち38州で増加か横ばいと予想。主産地では、アイオワが4%増、イリノイが8%増、ネブラスカが4%増となった。


大豆:10%増の8351万エーカーで、市場予想(8486万5000エーカー)を下回った。大豆は29州のうち22州で増加か横ばいと予測。主産地では、イリノイが6%増、アイオワが1%増、ミネソタが8%増と見込んだ。


全小麦:1%減の4465万5000エーカーで、1919年に統計を取り始めて以降で最低と予想。市場予想(4498万2000エーカー)も下回った。