日銀短観は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業でマイナス8と、前回2019年12月調査のプラスマイナスゼロから8ポイント悪化した。悪化は5四半期連続で、7年ぶりにマイナスに転落。