20200402_1

ADP全米雇用報告によると、非農業部門の民間就業者数(季節調整済み)は前月比2万7000人減となり、市場予想(15万人減)と重なるを上回った。就業者数がマイナスとなるのは2017年9月以来。


今回の調査は、新型コロナウイルスの感染封じ込めのための行動自粛などが本格化する前の3月12日までのデータしか対象になっていない。ADPは「新型コロナ感染拡大による雇用への影響を十分に反映していない」と説明している。