米資産運用大手ブラックロックのマネジングディレクター、アメール・ビサット氏は1日、新型コロナウイルスの感染拡大で今年上半期の世界の経済成長率はマイナス11%に落ち込み、6兆ドルに上る経済生産が失われる可能性があると警告。

 ビサット氏は「2008年に記録したマイナス幅を上回るだろう。(1918年の)スペイン風邪流行時よりも深刻だ」との見方を示した。

 また、「(1930年代の)世界恐慌時ほどひどくはないが、過去2番目に大きな経済的打撃となるだろう」とした。