ロシアのノバク・エネルギー相は2日、ラジオ局「モスクワのこだま」で、先月の協調減産協議が決裂したことを受け、サウジアラビアとの石油協議を再開する可能性があると明らかにした。

 また、石油市場に関し、米国との協議も続ける方針を示した。

 ブルイエット米エネルギー長官は3月31日、原油価格急落について、ノバク氏と会談。双方は世界の主要産油国と消費国を交え、協議することで合意した。