トランプ米政権は2日、戦略石油備蓄(SPR)向けに初回購入する原油3000万バレルの保管スペースを、貸し出す計画を明らかにした。エネルギー省によると、購入の内訳はスイート原油を最大2280万バレル、サワー原油を同720万バレル。いずれも、米国内で生産される原油になる。

 また、SPRへの初回原油の搬入時期は、4月下旬〜5月上旬になると説明。最大で日量68万5000バレルの受け入れができる。