市場のコンセンサスは『心配いらない。FRBが支えてくれる』というものだろう。その考えは、私たちの分析によれば、正しくない。

自分が間違っていることを祈っているが、V字回復とは空想にすぎない。

今回のパンデミックは規制強化・増税の方向に働く。

トランプ政権の対応は,費用対効果分析からいって最悪の公共政策決定のポスターチャイルド.

米国債の大幅な増発により、クラウディング・アウトが起こり、市場の流動性が縮小する。

政府・FRBによる企業・個人への支援策は、基本的に個人への移転支出の組み合わせで、彼らに働くより働かないよう促すことになる。


Bloomberg