米気象予報機関(NWS)傘下の気象予報センター(CPC)は14日付の月報で、北半球では今夏、エルニーニョまたはラニーニャ現象が発生しない、ニュートラル(中立状態)になる確率が約65%と予想。