ウクライナ有数の穀物産地オデッサ州で、深刻な干ばつにより約50万ヘクタールの穀物耕地が損なわれており、2020年の収穫が前年から70%近く減少する可能性。

クッシ州知事は14日、「州の19年の穀物収穫は推計で370万トンだが、今年はわずか120万トンの見通しだ」と述べた。

ウクライナは世界5位の小麦輸出国。19年の穀物収穫は過去最高の7500万トンだった。