米エネルギー省は13日、戦略石油備蓄(SPR)向けに最大100万バレルの原油を買い付けると発表。新型コロナウイルスの感染拡大の打撃を受けている石油企業を支援する一貫で、中小の石油会社が買い付ける予定。