中国国家穀物取引センターは20日、トウモロコシ400万トンの備蓄放出を今月28日に実施すると告知。

主要産地である黒竜江省の省都ハルビン市では今年、需要が加工業者の想定以上に高まり、トウモロコシ相場が15%急騰した。中国国有食料品最大手の中糧集団(COFCO)は21日、5月中旬時点の北部と南部の港のトウモロコシ在庫はいずれも前年を下回っていると発表していた。