中国の王毅外相は、米国は中国を変えるという「希望的観測」を捨てるべきだと指摘。米中関係を「新冷戦」に向かわせようとする動きが、米国の一部に見られると警告した。

王外相は24日、北京で開催中の全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて開かれた記者会見で、「中国には米国を変えようという意図はないし、米国に取って代わろうという意思もない。同時に、米国が中国を変えようと考えてもそれは希望的観測だ」と言明。また米国が北朝鮮との非核化協議を遅らせていると批判したほか、台湾に関して中国の「譲れない一線」を越えないよう警告。

 「国家安全法」導入に向けた動きで緊張が高まる香港問題を巡っては、香港は中国の内政問題だの立場を重ねて表明。内政不干渉の原則は全ての国が守らなければならないと指摘。