ロシア財務省は25日、2019年の同国の金生産量は343.54トンと、前年の314.42トンから9.3%増加したと発表。そのうち採掘された金は286.05トンで、前年の264.41トンを上回った。

一方、19年の銀の生産量は前年の1119.993トンを11.1%下回る996.17トンだった。