だれも経験したことがない規模だから、何が起こるか分からない不透明さが強まる。
インフレ進行やドルの下落もあろう。

米政府の財政赤字が記録的なものに膨らむと、海外投資家が米国債の購入に慎重になり、準備通貨としてのドルの信認が揺らぎかねない。米国は日本と違って国内だけで国債を消化できない。信認の問題は重要だ。

FRBが明確に経済を流動性の供給によって下支えする意思を示しているのだから、逆らって株式や債券を売る投資行動は賢明ではない。

ただ、 市場はやや楽観に傾きすぎているように見受けられる。


〜日本経済新聞〜