「OPECプラス」の7月以降の生産方針を決定するための会合について、暫定案として6日もしくは7日の開催が計画されている模様。

現行協調減産の順守率が低かったイラクなど一部の参加国が、今後は順守状況を改善すると約束したことを受けた動き。