内閣府が8日発表した5月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比7.6ポイント上昇の15.5。

過去最低を2カ月連続で更新した3〜4月から反転して4カ月ぶりのプラスとなった。