私はキャリアの中で何度も打ちのめされてきたし、これからも何度もあるだろう。過去3週間はそれに入るものだった。

金融緩和のために企業セクターで過大な債務が積み上がることを、私は長年心配してきた。コロナ・ショックが起こった時、私が考えたのは、信用バブルがついに弾ける良いチャンスで、レバレッジの巻き戻しに数年かかるだろうということだった。

ただし、レバレッジの巻き戻しが長い時間かけて起こるという読みは外れた。FRBが前例のない市場救済策(多くの禁じ手に深く踏み込んだ)に乗り出し、むしろレバレッジを高めるような状況になっている。

市場でもっと重要なのは、コロナの勝ち組からコロナのリーダーへの極めて大きな市場の幅の拡大だろう。 極めて少数の極めて時価総額の大きな企業がコロナウィルスで恩恵を受け、数百の会社がコロナウィルスで被害を受けた。だから最初の35%の回復はグロース株主導で、過去数週間はバリュー株主導だった。

医療面がどう推移するのかはとてもバイナリーな状況だ。しかし、とても魅力的な環境だ。


〜CNBC〜