米労働省が11日発表した新規の失業保険申請件数(季節調整済み)は、6日までの1週間で154万2000件と、前週を35万5000件下回った。外出制限が緩和され、全米で経済活動の一部が再開されたことが背景。

 一方、失業手当を継続的に受けている失業保険受給者総数は5月30日までの1週間で2092万9000人。
過去最高だった同月上旬(約2491万人)から悪化に歯止めがかかった。