南アフリカの産金大手ハーモニー・ゴールドは11日、同社の金生産が7月半ばごろまでに全面回復するとの見通しを示した。

南アでは3月下旬から新型コロナウイルス対策として全国でロックダウン(都市封鎖)措置が取られていたが、6月から規制が緩和され、全ての鉱山でフル操業が可能となっている。