本日午後5時に国際エネルギー機関(IEA)月報が発表予定。

需給予測期間は、これまでの2020年末までだったが、今回は21年末まで伸びる。