米シェール掘削大手チェサピーク・エナジーは今週中にも、破産法申請を用意している模様。

チェサピークは破産法第11条に基づき裁判所の保護下となる一方、事業を継続するため約9億ドル規模の占有債務者に関する交渉の最終段階にある。