ドイツZEW景気期待指数は、前月比12.4ポイント上昇の63.4。
今後6カ月間の景気に対しては前向きな見通しが示された。

一方で、足元の景況感を示す現況指数は10.4ポイント上昇のマイナス83.1と改善したものの、新型コロナウイルスの流行に伴う経済活動の停滞で依然マイナス圏にとどまっている。

ユーロ圏については、期待指数が前月比12.6ポイント上昇の58.6。
現況指数は5.4ポイント上昇のマイナス89.6となった。