水星逆行:6月18日〜7月12日。

水星逆行の初期には、金融および商品市場は、煮え切らない動きを示す可能性。

トレンドは多くの場合、不透明になる。水星逆行期には、経済データーが示す方向と政府の声明が、相反するからだ。こうした時間帯の初期には、短期で急激な上下運動が起きるため、いわゆるダマシが起こりやすい。テクニカル上の下値支持帯や上値抵抗帯、パターン分析などが無効となりやすい。

水星のテーマは「コミュニケーション」であるため、ミスコミュニケーションが発生しやすく、不安定になりやすい点にも注意したい。