英石油大手BPは17日、2019年の世界エネルギー統計を発表。

19年の一次エネルギー消費は1.3%増加したものの、前年の増加率の半分未満にとどまった。
エネルギー使用に伴う二酸化炭素(CO2)排出量は0.5%増加。前年は2.1%増。

一次エネルギーの増加分に再生可能エネルギーが占める割合は40%超。

19年の天然ガス消費量は2%増加。エネルギーミックスにおける天然ガスの割合は24.2%と、過去最高を記録した。

原油消費量の伸びは0.9%(日量90万バレル)。

1次エネルギーのうち石炭の割合は27%と、16年ぶりの低水準となったが、発電用エネルギー源としては最大で、全体の36%を占めている。