日本政府は19日、6月の月例経済報告を公表。

「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、極めて厳しい状況にあるが、下げ止まりつつある」とし、2 018年1月以来、2年5カ月ぶりに全体判断を上方修正。

 4月と5月はリーマン・ショック以来、約11年ぶりに「悪化」と表現したが、緊急事態宣言の全面解除に伴う個人消費の持ち直しなどを反映させたとしている。西村康稔経済財政担当相は記者会見で「内需中心に経済を回復させていきたい」と発言した。