中国国営新華社通信は21日、中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会の会議が28日から30日に開かれることが決まったと報じた。

香港メディアによると、通常、全人代常務委では法案について3回の審議を行う。しかし、2回の会議で採決に踏み切る可能性についても指摘しており、「香港国家安全維持法」が、今月中に成立する可能性が出てきた。

7月1日は、香港が英国から中国に返還されて23年、中国共産党創立から99年の記念日に当たる。