中国工業情報省は22日、電気自動車(EV)の生産増を促す割り当てを一時的に緩和する可能性があると表明。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車販売が急減する中、メーカーを支援する。

 中国では都市部の大気汚染問題に対処するため、ガソリン車やディーゼル車の生産に関して世界でも特に厳しい規制を課している。自動車メーカーは、ガソリン車やディーゼル車の生産にマイナスポイントが科され、これを打ち消すためにEVやプラグインハイブリッド車(PHV)など「新エネルギー車(NEV)」を生産して「ポイント」を獲得しなくてはならない。

 今回、同省は、状況次第で一時的にこの割り当てを緩和し、各メーカーが来年獲得するグリーンポイントで、今年科されるマイナスポイントを相殺することを容認する可能性があると説明。