米商務省が23日発表した5月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比16.6%増の67万6000戸となった。伸び幅は4カ月ぶりにプラス。

新型コロナウイルス危機対応で連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利下げを行ったことで住宅ローン金利が下がり、需要を押し上げた。市場予想は3.5%増の64万戸。