国際通貨基金(IMF)は、25日発表した金融市場の動向に関する報告書の中で、日米など主要な国の株価の動きについて「実体経済とかい離している」と指摘し、新型コロナウイルスの感染の再拡大などによって再び急落するおそれもあると指摘。

 IMFは、「景気の先行きに大きな不確実性がある中で株式市場と実体経済にかい離が生じている」と指摘し、とりわけアメリカと日本の株価が「割高だ」とした。

 株価上昇は、主要な中央銀行が行っている日本円で640兆円規模の異例の金融緩和があるとしたうえで、市場に過度な楽観ムードが出て投資家がリスクをいとわない行動を続けているとし、景気後退の長期化や新型ウイルスの感染の再拡大、さらには経済格差の拡大による社会不安などのリスクを挙げ、今後株価が急落するおそれもあると警鐘を鳴らした。