ロシアの憲法改正のための全国投票は期日前投票が進み7月1日に本投票が行われる。改憲法案にはプーチン大統領の長期続投を可能にする条文のほか、「領土割譲禁止」といった内容も盛り込まれている。