nyg

昨晩のNY金(8月限)は3日続伸。前日比19.3ドル高の1トロイオンス1800.5ドルで終えた。

新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念などを背景に押し目は買われて堅調となった。米国債の利回り低下などを受けてドル安に転じたことから地合いを引き締め、時間外取引の高値を突破すると、テクニカル要因の買いが入って一段高となり、一代高値1804.0ドルを付けた。

マクロ経済指標の改善や、パウエルFRB議長の議会証言を好感して景気回復に対する期待感から株高となったが、感染拡大で先行き不透明感が残っていることから金に逃避買いが入りやすい地合い。

2011年に史上最高値を付けて以降、上値抵抗線となっていた1800ドルを上抜き、強気感が増している。