nyg

昨晩のNY金(12月限)は下落。前日比9.9ドル安の1トロイオンス1966.8ドルで取引を終えた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、低金利環境が長期化するとの見方から同日の時間外取引で1987.3ドルと、過去最高値を更新したが、連日の上昇で目先の利益を確定する売りが優勢になった。
た。
テクニカル要因の売りが出て1952.3ドルまで下落した。売り一巡後はドル安から買い直されて下げ一服となった。米経済指標の悪化でドル安が続いていることが下支えとなった。第2四半期の米国内総生産(GDP)速報値は過去最大の落ち込みとなり、米新規失業保険申請件数も増加した。