英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルのバンブルーデン最高経営責任者(CEO)は30日、世界の石油需要は新型コロナウイルス感染拡大前に見受けられた水準に戻ることはないとの見解を示した。

その上で、「回復したとしても、需要回復には時間がかかるだろう」と述べた。

また、航空燃料の消費量が年末までに、新型コロナ危機前の水準の50%まで回復すると予想。