サウジアラビア王室は30日、胆のう炎検査で20日に入院し、手術を受けたサルマン国王(84)が30日に首都リヤドの病院から退院したと発表。