ロイター通信が7月31日に公表した世論調査によると、米大統領選での郵便投票拡大について、与党・共和党支持者の8割が「不正の増加につながることを懸念する」と回答。
民主党支持者で不正増加を懸念しているのは3割にとどまる。