英石油大手BPは4日、2030年までに低炭素エネルギー事業への投資を年間50億ドルに拡大する方針を発表。

再生可能エネルギーによる電力生産を50ギガワット(GW)に引き上げるとともに、石油・ガス生産量を19年比で40%減らす。

25年までに予算の大半で、再生可能エネルギーやバイオエネルギー関連の資産を増やす一方、水素エネルギーと炭素回収・貯留といった技術で先行することを目指す。

さらに石油・ガス生産については、少なくとも19年比で日量100万石油換算バレル縮小すると見込む。新たな国での探査活動は停止する。