財新の7月中国サービス業PMI(購買担当者景況指数)は54.1と、2010年4月以来の高さだった前月の58.4から低下。

新規輸出受注の新たな落ち込みや、6カ月連続の雇用削減が響いた。