米農務省は13日、中国の業者が米国産大豆19万7000トンの購入契約を締結したと発表。同省が中国向け大豆売却を発表するのは7営業日連続。

農務省がこれとは別に公表した週間輸出成約高によると、6日までの1週間の大豆売却量は計213万トンと、2016年11月以来の高水準。

中国税関統計によると、今年7月までの同国大豆輸入量は、前年同期比18%増加。

ただ、米国との貿易協議「第1段階合意」で約束した米農産品365億ドル相当の購入達成に必要なペースからは、依然大きく遅れている。