タイは31日、中国から潜水艦を2隻を約770億円で購入する計画を延期。

2015年に結ばれた合意によって、タイは世界で初めて中国製の海軍兵器を購入する国の一つになった。2017年には潜水艦3隻の購入を確定させ、最初の1隻は2023年に納入される予定。

8月に、さらに2隻を225億バーツ(約770億円)で購入することが議会の小委員会で承認されると、経済の急激な悪化に苦しむ世論はこれに強く反発していた。