債券市場の動向に注意しろ。
イールド・カーブの長期側に注意しろ。

私たちはグローバル化の拡大により25年間デフレ圧力を受けてきた。
今はグローバル化が収縮し、それは有害でしかなく、インフレを支えるのみだ。

疑問の余地なく人民元が次の主要準備通貨の候補になると予想する。他になりうる通貨がないためだ。一方、人民元が米ドルのライバルとなりうるには、まだ25年はかかる。条件として軍事力、とりわけ海軍力が要件になる。
今後2−5年、たぶん10年ほどは心配無用だ。米ドルは世界の準備通貨であり続け、そうであるうちは金市場の阻害要因になる。強いドルは常にどこでも金価格上昇を阻害する。それが変わるのは私が死んだ後のことだ。

もしも60/40ポートフォリオ(株式60+債券40)から始めたなら、株式40+債券40+主に金などインフレ・ヘッジ20とすべきだ。さらに何か変えるとするなら、よりアグレッシブにいかなければならないなら、40+40+20を株式40+債券30+金30にするだろう。私はそれほど現在の債券市場を心配している。


IDX