トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館で2018年にサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が殺害された事件で、サウジの裁判所は、昨年12月に死刑判決を下された被告5人を禁錮20年に減刑する最終判決を言い渡した。ムハンマド皇太子の関与が指摘された事件は、真相が不透明なまま幕引きとなる。