cs

昨晩のシカゴ大豆(11月限)は大幅続伸。前日比15.00セント高の1043.50セント。
前日に続き米農務省(USDA)が中国向けに大口の輸出成約を発表して、10日連続の成約報告になったことに加え、大豆粕にも大口の輸出成約があったことが材料視された。また、コーンベルト北部の寒波なども支援材料。

cc

シカゴコーン(12月限)は続伸。前日比3.25セント高の378.50セント。
中国向け大口輸出成約に加えて、コーンベルト北部の寒波、さらにはUSDAが強風被害によりアイオワ州で55万エーカーの収穫放棄が出るとの見方を示したことなどが支援材料となった。また、同じくUSDAが発表した全米現物価格の平均が半年振りの高値となったことも好感された。