nyg

昨晩のNY金(12月限)は反落。前日比51.5ドル安の1トロイオンス1910.6ドルで取引を終えた。

時間外取引では、ドル安を受けて小じっかりで推移したが、欧州時間に入ると、ドル安一服を受けて戻りを売られた。
 
日中取引は、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念から米株価が急落し、リスク回避のドル高となったことが圧迫要因になった。複数の支持線を割り込み、テクニカル要因の売りが出るなか、8月12日以来の安値1885.4ドルを付けた。売り一巡後は買い戻しなどが入って下げ一服となった。

また大手銀に関する約2兆ドル規模の違法資金移動疑惑の報道で銀行株が売られた。