nypt

昨晩のNY白金(10月限)は急反落。前日比62.4ドル安の876.1ドルで終えた。

時間外取引は、ドル安を受けて堅調となったが、欧州時間に入ると、欧州での新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念を受けてリスク回避の動きとなったことから、戻りを売られた。

日中取引は、ドル高や金急落が圧迫要因になった。米株価が急落し、リスク回避のドル高となった。主要支持線を割り込んでテクニカル要因の売りが出ると、7月20日以来の安値854.8ドルを付けた。ただ売り一巡後は買い戻しなどが入って下げ一服となった。