yen

昨晩のドル円は、前日比30銭円安・ドル高の1ドル=104円90銭〜105円00銭で取引を終えた。

欧州の新型コロナウイルスの感染の再拡大や米国の追加の経済対策を巡る不透明感を受け、リスク回避のドル買い・円買いに展開。

パウエルFRB議長は22日の米下院金融サービス委員会での議会証言で「米経済の見通しは非常に不確実だ」と述べ、追加経済対策の必要性を訴えたが、経済対策は米与野党の議論が進んでいない。

シカゴ連銀のエバンズ総裁が22日の講演で「(物価上昇率が)平均して2%上昇し始める前に利上げを開始することはありうる」と発言。FRBによる追加の金融緩和策の可能性がやや後退したと市場で受け止められたこともドル買いにつながった。