dow

週末のNYダウは続伸。前日比358ドル52セント高の2万7173ドル96セントで終えた。

欧州や米国の一部地域での新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒される中、8月の米耐久財受注額は前月比0.4%増と市場予想(1.8%増)に届かなかった事で、朝方は売りが先行したが、主力ハイテク株が前日に続いて上昇、昼前に上げに転じた。週半ばにハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は約2カ月ぶりの安値を付け、押し目とみた買いを誘った。ダウ平均の上げ幅は一時400ドルを超えた。景気敏感株の一角にも買いが入り、取引終了にかけて上げ幅を広げた。

nasdaq

ナスダック総合株価指数も続伸し、前日比241.30ポイント高の1万0913.56で終えた。