yen

昨晩のドル円は、前日比45銭円高・ドル安の1ドル=105円55〜65銭で取引を終えた。

中国人民銀行(中央銀行)が9日、人民元レートの基準値を前営業日比で元高水準に設定したことを受け、オフショア市場で人民元高・ドル安が進んだ。

中国の9月の非製造業購買担当者景気指数(PMI)は8月から上昇した。国慶節(建国記念日)の期間中の国内旅行需要も堅調で、中国景気の持ち直しが意識された。豪ドルなど資源国通貨の一角が上昇し、ドルが売られたことで対円でもドル売りにつながった。

米国の追加の経済対策については、共和党上院トップのマコネル院内総務が9日、野党の主張との隔たりが大きいとして「大統領選前に追加の経済対策で合意できないだろう」との認識を示したと伝わり、円買い・ドル売りとなった側面もある。