ロシアのプーチン大統領は14日、2番目の新型コロナウイルスの国産ワクチンが承認されたことを発表。
ロシアは8月に世界で初めて国産ワクチンを承認している。