世界鉄鋼協会(WSA)は15日、2020年の世界鉄鋼需要を6月予想の前年比6.4%減から2.4%減の17億2500万トンに上方修正。中国での需要回復が要因。

21年の需要は、4.1%増の17億9500万トンと予測。新型コロナウイルスの感染第2波が工業生産に及ぼす影響は限定的なものにとどまるとの見方に基づき、21年に需要は回復するとしている。