yen

昨晩のドル円は、横ばい。前日と同じ1ドル=105円35〜45銭で取引を終えた。

欧米での新型コロナウイルスの感染者数増加傾向からリスク回避の円買いの動きが見られた一方、米小売売上高が前月比1.9%増と市場予想(0.7%増)以上に増えた。自動車などを中心に幅広い項目が増加し、コロナの前の水準を上回った。米労働市場の回復の鈍さを背景に個人消費が伸び悩むとの懸念が後退。米債券市場で長期金利が上昇し、日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買いが入り、前日比変わらずとなった。